小島かつら流!懸賞の極意

小島かつらが懸賞当選率アップを目指すとっておきの極意を伝授!
懸賞応募の際には、ぜひ参考にご覧ください!

コメントはファンレターを書くように

地元スーパー・地元放送局・タウン誌など、地元系の媒体の懸賞は、応募数が少ない分、大手メーカーが全国規模で展開する懸賞より、一通一通ハガキに目を通してもらいやすいから、コメントは効果大。これらの懸賞は「貴重なご意見への謝礼」としてプレゼントするケースが多いんです。…ということは「欲しい!」「当てて!」などはNGワード。

一方的に要求するばかりでなく、企業にファンレターを送るような気持ちで、なぜ欲しいのか、どう使いたいか、または商品の使用感など具体的に書きましょう。「そうは言っても意見コメントは難しいなぁ・・・」という方には、ほのぼの系ではいかが? 家族やペットのエピソードなら、スッと思い浮かびやすいし、印象的な文章になります。例えば「食が細い次女も御社の○○は、おかわりするほどお気に入り。長女が好きな△△味も増えたらいいな」など。もちろん辛口コメントもOK。むしろ「よくこれだけ見てくれてるな」と好意的に受け止められるようです。「今後の改善に期待しています」と、文末に一言添えれば、嫌な印象を持たれませんよ。

※無断での転載等はご遠慮願います。